フリーターって負け組なの?メリット・デメリット教えます。

坂本まゆです。

学生生活を終えて社会に出ると、

今までは気にしたこともなかった新しい価値観に遭遇したりします。

自分の今の肩書で人生の勝ち組だとか、負け組だとか決められたりね・・・

学生時代の価値観ではリア充か非リア充かくらいしかなかった気がしますが。

大企業に就職できた人は勝ち組。

そもそも就職できただけでも勝ち組。

そして、フリーターは社会の底辺に位置する負け組である!!

私も現役バリバリのフリーターなので何度も耳にしたことがあります。

というか、面と向かって言われたこともあります。

まぁ、素敵な笑顔で華麗にスルーしましたが(笑)

なかなかの酷い言われようだったので、

フリーターのメリット・デメリットについてまとめてみました。

現在フリーターで悩んでいるそこのあなたに

いいところだってちゃんとあることを再確認していただけたらと思います^^

フリーターのメリットとは?

1.働く曜日や時間を自由に決められる

アルバイトという雇用形態だと、

自分の空いている時間にシフトを組むところが多いですよね。

例えば『火・木・金の13時~18時』までのシフトのように。

これだとプライベートの時間をしっかり確保することができます。

2.責任が少ない

基本的にアルバイトが行う業務というのは

マニュアル化されていて誰でも簡単にできることが多いです。

例えば、居酒屋で働く場合だったら・・・

キッチン:調理、皿洗い

ホール:料理の提供、レジ、空いた皿を下げる

これが社員になると、

アルバイトと同じ業務+発注作業、金銭管理、シフト管理・・・

責任重大な仕事がどんどん追加されていきますね。

3.基本的にWワークが可能

正社員では副業を禁止している企業が多いですが、

アルバイトだと基本的に副業をしても問題ないところが多いですね。

というか、フリーターは掛け持ち必須でございますから。

私が今まで働いた中では、

パチンコ屋さんだけがWワーク禁止でした。

4.比較的簡単に仕事を辞めることができる

アルバイトだと責任の少ない仕事が割り当てられるので、

すぐ辞めやすい環境にあります。

企業側がアルバイトが長く働くことに期待していない側面があるみたいです。

だからといって、バックレはダメですよ~!!

フリーターのデメリットとは?

1.安定を望めない

最近は正社員でも何があるかわからない時代ですが、

基本的に人件費削減で真っ先にクビを切られるのは

他でもないフリーターです。

また、働いた分だけお給料がもらえるので、

収入面でも安定はしないですね。

2.収入が少ない

私が住んでいる地域の時給は750~900円くらいです。

掛け持ちでカツカツに働いてみても、

正社員の手取りには及ばないくらいですかね。

また、シフトを削られるとさらに収入は下がります。

3.昇給はほとんど望めない

アルバイトだと長い期間働いていても、

望める昇給額は30~50円くらいじゃないでしょうか。

ちなみに、私の場合だと2年半働いて30円アップでした。

5.社会保険に入れない

アルバイトではほとんどの場合、

社会保険の加入条件を満たすことがないようです。

そうなると自分で国民健康保険に加入する必要が出てきますね。

そして、社会保険と比べると地味に高いんだわこれが・・・

結局フリーターってどうよ??

というわけで、フリーターの良いとこも悪いとこも見てみました。

何も考えずプラプラしてるとか。

責任感が全くないとか。

人生捨ててるんじゃないかとか。

社会からはマイナスイメージを持たれまっくっております。

というか、負の感情ぶつけられちゃってる気がする。

正社員はお金はあるけど時間がない。

フリーターは時間はあるけどお金はない。

こうやって見ると、双方無い物ねだり。

お金はあまりないけど時間がある

ってところに魅力を感じてフリーターになりました。

時間があるってことは、その時間を

自分のスキルを磨くために投資できるってことです。

磨くべきスキルは人それぞれだと思いますが。

私の場合は、ネットで情報収集したり文章を書くためのスキルかな。

スキルってお金に換えることができますからね。

絵が描けるなら絵を売ればいい。

面白いストーリーが浮かぶなら小説を書けばいい。

聞き上手なら人の悩みを聞いてあげればいい。

ネット上でならいろんなスキルをお金に換えることができちゃいます。

もしあなたがフリーターで、

自由に自分の時間を使える状況にあるのだとしたら・・・

あなたのスキルを磨いてみることをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする